2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 寝覚の床・奈良井宿・光前寺 ③ | トップページ | ~年末年始 »

2015年4月22日 (水)

動物病院

昨日やっと アポロの書類(検査結果とか領収書等々)を整理しました。

Dsc00060jpg1_2

夏頃から下痢になっては薬を飲ませてすぐに治り、でもまた下痢になる。
ルパン、アポロのかかりつけ獣医さんには月一程度で受診し、相談をしていたものの
度々繰り返すアポロの下痢に 「・・・慢性腸炎かなあ?アレルギー性かなあ?」と
ぼそっとつぶやき (この先生はつぶやく先生なので、いつものことでした)
「下痢は血液検査をしても原因がわからないことが多いから、薬をのませて・・・」と
止瀉薬をもらう。

その下痢の様子が変わったのは10月のはじめ、固まったうんちが出たり、ゆるゆるの
下痢だったり、トイレの場所までは間に合っていた。食欲は無く、好きなものはがっつりと食べる好き嫌いレベル。

ネットですぐに回答がもらえるという獣医さんあてにメール。

「病院での検査をお勧めします」との回答が数分後に帰ってきた。
回答は丁寧で代金は質問者の満足度に応じて支払う仕組みのものだったので、親切丁寧な回答に3000円程の支払いをした。(深夜2時ころだったし)

その時はダックスに多い慢性腸炎についてネットで調べまくり、翌日かかりつけ獣医に
電話をして血液検査を受けたいと伝えるもこちらではしません、と断わられ
たぶん、そう来るだろうと それも事前に調べておいた動物病院に電話をしてすぐに来院をすることになった。

受診をした動物病院はちょうど改装のさなかで、昔の住宅の玄関を土足で上がって診察室みたいな状態。でも 患者の犬猫がひっきりなしに来院、呼び出しコールを持って車で待機している患者も結構あって、繁盛している動物病院といった感じ。

それはともかく、病院を変更したのは10月5日。
アポロの血液検査の結果をしばらく待ったのち説明を聞く。

(以下 当時のメモより)

下痢が長く続いている事、体重の低下があることから、血液検査・腹部エコーを受ける。
血液検査の結果より 

1、アルブミンの低下(2を下回ると血管等からの水分漏れが心配される)アポロは1.6なので栄養、タンパク質を摂取させる必要あり。

2、白血球の数が多いのは炎症が起きている為。

3、他の項目は心配なし(貧血なし、糖値も正常、腫瘍の心配なし)

大腸がだと、下痢の回数が多くなり、ちびちび現れるも、アポロの下痢は回数も正常時と
あまり変わりないので小腸での下痢と思われる

エコーの画像より、肝臓の膜(?)周囲が白く映っているが、たぶんアルブミンの低下のせいで、栄養が摂取出来れば改善させるだろう、とのこと

腫瘍、感染症の心配は取り除かれるも、膵臓の血液検査は外部検査となるので
一週間後に説明とのこと、下痢止めと整腸剤の注射を射ち1週間分の薬(3種類)と1週間分のフード(缶詰)を受け取る。

※ 生肉について質問 人間が言うところの肉は筋肉であって、高脂肪 高蛋白。
  野生の動物が食する肉は、草食動物の内臓なので、草食動物が消化した草を
  食べることで栄養のバランスを保っている、とのこと、生肉は菌の方が心配。

    ※帰宅後のメモなので先生のニュアンスとは異なるかもしれないが、こんなことろ

帰宅後に処方された缶詰のフードを喜んで完食、元気あり、おならが臭い。

動物病院を変えたことで、検査、治療が変われば下痢もとまるかもという期待をもったが
膵臓の検査結果は待ちなので、心配に変わりない。

P9206268 9月20日 天橋立

Pa046676 10月4日 那智大社

Pa056823 10月5日 居間でとおちゃんと戯れる

元気だったのになあ、、、、、


« 寝覚の床・奈良井宿・光前寺 ③ | トップページ | ~年末年始 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545137/61477205

この記事へのトラックバック一覧です: 動物病院:

« 寝覚の床・奈良井宿・光前寺 ③ | トップページ | ~年末年始 »